« 昨日の休みはいろいろと・・・ | メイン | 12月1日(土)の閉店時間のお知らせ。 »

2018年11月29日

●バルブクリアランスの点検、調整 その1

皆様こんにちは
サービスの佐藤です。

最近のDUCATIは一定の走行距離(車種によって距離が違います)に達するとメーターに
「OIL SERVICE」「DESMO SERVICE」といった
点検時期を教えてくれる表示が出てきます。

「OIL SERVICE」はオイル交換が主となる点検ですが
「DESMO SERVICE」『バルブクリアランスの点検、調整』を含む点検なんです。
「DESMO SERVICE」の点検距離は車種によって異なりますが
ムルティ、ディアベルなどは 30,000㎞
パニガーレなどは 24,000㎞
スクランブラーなどは 12,000㎞ です。

 今回は『バルブクリアランスの点検、調整』についてのお話です。

『バルブクリアランスの点検、調整』はエンジンのメンテナンスの一つです。

DUCATIのエンジンはヘッドのカムシャフトの回転でロッカーアームを動かし
そのロッカーアームがバルブを押したり戻したりしてバルブを開閉させています。
そのロッカーアームとバルブの隙間をバルブクリアランスと言います。

エンジンを動かすとこの隙間がだんだんとずれていき
だんだんと調子を崩していきます。
この隙間を測り、規定値に調整する事が
『バルブクリアランスの点検、調整』であり
調整することにより、調子の良いエンジンのコンディションを
維持することができます。

e-DSC_0274(1).jpg
パニガーレのヘッドです 作業は車載でできますがいい写真がなかったので

 
111111.jpg  

2Vヘッド

222222.jpg

4Vヘッド

この『バルブクリアランスの点検、調整』作業は
ただ調整するだけではなく
エンジンのヘッド内の隠れた故障箇所を発見する事もあります。

長くなりましたので続きは再来週へ。

サービス  佐藤


DUCATI OSAKA EAST
大阪府東大阪市荒本北3-2-9(Google Mapで確認する
06-6747-0087

BANNER OSAKA SOUTH
大阪府羽曳野市野80(Google Mapで確認する
072-937-4023

Homepage
http://www.banner.co.jp/
Facebook
https://www.facebook.com/DucatiOsaka/
Instagram
http://www.instagram.com/ducatiosaka_east/