« マフラーオーバーホール | メイン | SCRAMBLER納車紹介☆彡 »

2021年05月20日

●レバーの付け根


皆様こんにちは
サービスの佐藤です。

今回は新車、中古車納車、点検作業後によく質問される事についてです。



ブレーキ、クラッチレバーの固定ナットがセルフロックナットではないタイプ(レバーピンに穴が開いているタイプ)

のレバーの付け根にこんなタイラップが付いているのを気づいた方いませんか?
IMG_1626.jpg

IMG_1625.jpg

これは飾りではなく、意味のある事なんです。



点検作業の一つにレバー、ペダルなどをグリスアップする作業があります。

レバーを外し、グリスを塗り、組み付ける作業ですが
レバーの固定ナットがセルフロックナットではないタイプのレバーを組む時に
固定するナットを締めすぎるとレバーの動きが渋くなってしまい
逆に緩すぎる脱落する可能性があります。
IMG_1621.jpg

そこで、レバーがスムーズに動き、簡単には脱落しない程度に固定ナットを締めた後
タイラップを付けて脱落を防止しているんです。



定期点検は故障個所を見つけ、修理修正するだけではなく
故障を防ぎ、より快適に、より安全に車両に乗っていただけるような作業も行っています。



サービス  佐藤 

DUCATI OSAKA EAST
SCRAMBLER CAMP OSAKA
大阪府東大阪市荒本北3-2-9(Google Mapで確認する
06-6747-0087

BANNER
大阪府羽曳野市野80(Google Mapで確認する
072-937-4023

Homepage
http://www.banner.co.jp/
Twitter
https://twitter.com/ducatiosakaeast
Instagram
http://www.instagram.com/ducatiosaka_east/
Facebook
https://www.facebook.com/DucatiOsaka/