2015年02月13日

●MONSTERドレスアップキャラバン!

こんばんは、森本です!
ドゥカティ大阪イーストでは明日より
「MONSTER821 ドレスアップ キャラバン」を週末限定で開催致します!

ドゥカティ パフォーマンスのアクセサリーをあなたのライディングスタイル
に合わせて自由にカスタムすることができますよ!
とってもかっこいいので是非実車をご覧になって下さいね♪

 
こちらはタンクに専用のステーをかまして取り付けのできるバッグです!

上のカバーを外せばスマートフォンを入れてナビ替わりにもなる優れものです^^


また、ドゥカティ大阪イースト・ドゥカティ大阪サウス同時開催の
とってもお得なタイヤキャンペーンも明日より始まりますよ!
皆様のご来店お待ちしております!

2014年12月05日

●ご試乗できます♪

こんにちは、森本です!
寒くなってしまいましたが皆さんお元気ですか?^^
私は寒くなっても899パニガーレに乗って岡山へかきおこを食べに
ツーリングして来ましたよ(笑)

おまたせ致しました!
モンスター821をご検討されている皆さま!^^
☆デビューしたばかりで注目のモンスター821ですが
ドゥカティ大阪イーストにてご試乗して頂けますよ!
寒くなってもご試乗はできます~(笑)

是非、週末はドゥカティ大阪イースト、ドゥカティ大阪サウスへ
お気軽にお越しくださいね♪
スタッフ一同心よりお待ちしております!

2014年09月05日

●最新!重要なお知らせ

こんにちは、森本です!
皆さまにドゥカティより重要なお知らせを致します。

デビューしたばかりで大変人気のモンスターが
今年の11月1日より
Monster1200、Monster1200S
共に値上がり致します。


 
◇価格改定のお知らせ
Monster1200 現在¥1,560,000 →¥1,649,000
¥89,000の値上がり

Monster1200S Red 現在¥1,810,000 →¥1,899,000
¥89,000の値上がり

Monster1200S White 現在¥1,810,000 →¥1,929,000
¥119,000の値上がり

Monster1200/Sをご検討中の方はお値段が上がる前に
是非!お早目にご検討下さいませ。

10月中に日本へ入ってきた車両が現在の価格という縛りがございますので、
実際のところ10月初旬頃までのご成約でギリギリになるかと思われます。
ご検討中のお客様は現在の価格での販売は9月中のご成約が確実です。
デビューから未だにご検討されているお客様が一番多い車両ですので
駆け込みでのご購入も方も沢山おられると思います。
悩んでるお時間はございません!本当にいいバイクです!
モンスターは絶対に後悔しないです!(うちの社長も買いましたから。笑)


まだ試乗されていない方も是非、新型モンスターをお試しください!
お気軽にスタッフまでご相談くださいね^^
皆さまのご来店お待ちしております♪

2014年08月14日

●試乗のご案内ですー!

こんにちは、森本です(*^^*)
皆さまお待たせしております!
8/18(月)よりご試乗して頂けます
☆新型Monster1200のご案内をさせて頂きます。
さらに乗りやすく、足つきもよくなったMonster!


8/18(月)~8/24(日)の期間に
ドゥカティのバイクでご来店の上、ご試乗いただくと
ドゥカティ純正「シェルアドバンスエンジンオイル」を1ℓプレゼント
させて頂きます! 詳しくはコチラ→☆★


また、ドゥカティ大阪イーストでは
8/16(土)よりアパレルSALEも開催致します!
たくさんのラインナップを取り揃えて
皆さまのご来店、お待ちしておりまーす♪

2014年07月26日

●デビューしました!

おはようございます!

藤崎です。
ついに正式発表されたNew MONSTER 1200 !
ドゥカティ大阪イースト店頭にて展示させていただいてます!

触って&またがって頂ける車両はもちろん、専用のパーツを展示。
そして、最大の特徴と言っても良いシート・アレンジの豊富さを
お試し頂けます!

 

 

すでに入荷待ちの状況です。
ご予約はお早目がオススメです!

ルックスも良いですが、エンジンがイイ!!

2014年07月24日

●好調です!

デビューしたばかりの New MONSTER 1200 !

発売前からご予約下さっていたお客さまのバイクが
先日ようやく!
やっと入荷しました。

お早い段階でご注文を下さったお客さまへは
間もなくご納車ができそうです。
お待たせ致しました!

それにしても、New MONSTER の反響は大きいです!

実車を店頭にて展示させて頂いてから、その勢いは間違いなく加速しています。
旧型 MONSTER からのお乗り換えはもちろん、国産他社からのお乗り換えのお客さまの多いこと!

とにかくカッコイイ!!
カタログやウェブ情報だけでは、本当の M1200 はお伝えできないです。

好評です。
すでに次回の入荷待ち状態。お早目のご予約をお願い致します。

メーカー主催の試乗会にて、その良さをすでに体感している藤崎でした!

ご来店をお待ちしております。

2013年12月06日

●あります!

最後の1台です!
MONSTER 1100 EVO
空冷1100ccエンジン搭載のモンスター1100EVOが生産終了となります。

すでに次期モデルとなる水冷エンジン・モデルが発表されていますが
ソレはそれ。

ドゥカティ空冷ビッグ・ツインの魅力は、色褪せず。
もう新車では手に入らなくなってしまうモデルです。
お探しの方、ご検討中の方は是非お急ぎ下さいませ。

  

◇ 冬の企画
ラーメン・ツーリング再開です!
今シーズン第1回目は予定通り明日です。→ 詳しくはコチラ
ドタ参大歓迎!
ドゥカティ大阪サウスにてお待ちしてます!19:30ごろの出発です!

2013年06月24日

●モンスター3兄弟。。

ただ今、各キャンペーン実施中です!
◆◇ My first DUCATI ライセンス・サポート・キャンペーン 詳しい内容 ◇◆
◆◇ MONSTER 20th ANNIVERSARY CELEBRATION 詳しい内容 ◇◆

こんにちは、藤崎です。
DUCATI の中でも不動の人気を誇るMONSTER シリーズ。
排気量は696cc、796cc &1100cc の3スケールを展開しています。

只今、久しぶりに全機種を展示させていただいてます。
それぞれにデザインを比較してみたり、足付き性の違いを測るにはもってこいな状況です。

他にも NEW-HYPERMOTARD の RED と BLACK そして新機種となる
HYPERSTRADA なども展示しています。

決して広くはありませんが駐車場がございますので
雨の日はどうぞお車でご来店下さい。
お待ちしております。

2012年04月16日

●Monster Diesel

こんばんは、桜井です。
先日ショールームに展示している試乗車のMonster1100evoを見てて
『このモンスターをシックなカラーにしてみたらかっこいいのでは?』
なんて思っていたら

こういうのが出てましたね
すっかり見落としておりました(汗)
http://www.ducati.co.jp/bikes/monster/monster_diesel/index.do
いや、マジでかっこよくないですか?
僕的には◎で有りだと思います
黄色いキャリパーなんてたまりません!
てっきりいつも通り?オーリンズが装着されたSバージョンが
登場するかと思いきゃ
DUCATIさんに完全にやられちゃいました!
お勧めの一台です♪

2011年06月13日

●Monster EVO

こんばんは、桜井です。
本日MonsterEVOのカタログが入荷いたいしました。
それに合わせて去年もあったモンスターアートの新しいあれ
そう、【GPレプリカ】
いやーほんとかっこいいですよ!
696から796、そして1100も取り付け可能ですので
ノーマルの外装に飽きた方にはいいのではないでしょうか?
もちろん新しくなったEVOも見逃せませんよ

s-DVC00538.jpg  

興味のある方は是非御来店お待ちしております

2010年04月11日

●納車おめでとうございます!-Monster696+(Pearl White)

Y様、Monster696+納車おめでとうございます!

161kgと400ccのBike以上に軽量で、80HPとパワフルなMonster696。
Monster696で、Ducati Lifeを存分にお楽しみください!

スタッフ一同、Y様のDucati Lifeを全力でサポートさせていただきます!
P1020326.JPG  

2010年04月04日

●納車おめでとうございます!-Ducati Monster696+

みなさん、こんばんは!
すっかり、春めいてきましたね!
本日は、絶好のTourig日和でしたが、みなさんはごこかへお出かけされましたか?

P1020312_3.JPG
MonsterのPearl Whiteカラー、なかなかお洒落ですね。

と、本日、Monster696+(PearlWhite)のオーナーが誕生しました!
K.K様。
ご希望のパーツがイタリアからなかな入荷せず、長らくお待たせしてしまいました。
すみませんでしたm(_ _)m。
P1020313_3.JPG

絶好のBike Season到来です!
ぞんぶんにMonsterをお楽しみいただけると幸いです。

500kmでのオイル交換、1000km点検。
お待ちしております!

2010年03月16日

●Ducati Monster1100/1100S-Exiciting Clearanceセール

Ducati Stock Models「Exiciting Clearance」セール。
※詳細については、下記をご確認ください。
http://www.banner.co.jp/blog/2010/03/14/ 

みなさん、こんばんは。
今夜は、オススメ車両ご紹介「第二弾!」。

「Monster1100/1100S」

2008年に登場したMonster696の兄貴分であるMonster1100/1100S。
後発(2009年発売)であることもあってか、
弟分の「Monster696よりも完成度が上がっている」というのが試乗しての印象である。

==============================================
▼Monster1100/1100Sスペック ※【  】は1100S
 全長:2121mm
 全高:1149mm
 シート高:810mm
 ホイールベース:1450mm
 車重:169kg【168kg】
 タンク容量:15L<リザーブ:3.5L>
 エンジン:空冷L型2気筒[2バルブデスモ]
 排気量:1078cc
 ボア×ストローク:98×71.5mm
 圧縮比:10.7:1
 最高出力:95HP/7,500rpm
 最大トルク:10.5kg-m/6,000rpm
 燃料噴射装置:Siemens電子制御インジェクション[45φスロットルボディ]
 排気装置:アルミニウム製ツインサイレンサー
 クラッチ:乾式多板クラッチ(油圧式)
 フロントサスペンション:Showa製43mmフルアジャスタブル倒立フォーク
               【OHLINS製43mmフルアジャスタブル倒立フォーク】
 リアサスペンション:Sachs製アジャスタブルモノショック
             【OHLINS製アジャスタブルモノショック】
 ホイール:Y字5本スポーク軽量アルミホイール(5.5/17インチ)
 タイヤ:[フロント]120/70/ZR/17、[リア]180/55/ZR17
==============================================

Monster1100と696は、外装パーツの多くが共通ではあるが、
696の両持ちスイングアームに対して、1100は片持ちスイングアームを採用している。
696は3本スポークのホイール対して、
Y字5本スポークホイール履く1100を一段と美しく見せるための演出だろうか。

Monster1100は、696と比べて一回り大きく見える。
ホイールベースは1450mmと変わらないものの、
全長で+21mm、全高で+20mm、シート高で+40mmであるためだ。

1つ目のポイントは「シート高」

Monster696の770mmに対して1100は810mmである。
抜群の足つき性を誇る696に対して、1100は数値的にも足付き性も標準的。
40mm上がったシート高を活かし、
高めところからマシンを倒しこんでいくワインディングでの軽快なコーナリングは秀逸の一言である。
※Monster696は、リアタイヤに160/60/ZR17という細めのタイヤを履くことにより、
 軽快なコーナリングを実現している。
※Monster1100も696用のパーツを流用することにより、
 696と同じシート高に下げることが可能である。女性の方もご安心いただきたい。


2つ目のポイントは「車体重量」

161kgという超軽量Bodyを活かし軽快なコーナリングを実現している696。
Monster1100も169kg【Sは168kg】
696に比して排気量が大幅にUpしているにもかかわらず、
リッターネイキッドとしては破格に軽量だ。

400ccネイキッドクラス最軽量と言われるHonda CB400 SFでさえも、
乾燥重量で170kg[装備重量:190kg]。
750ccクラス並みの軽量Bodyを目指した空冷エンジンのHonda CB1100は、なんと243kg。

どれほどDucati Monster1100が軽量であるか、おわかりいただけると思う。
取り回しだけでなく、ワインディングなどの山道を走る際、
「軽量は最大の武器」なのだ。

一方Powerに関しては、Monster696の80HPに対して、1100は95HP。
それほど大きな差ではない。
むしろ、696ccで80HPもの馬力を発揮していることを考えると
1100(1078cc)の95HPという数値は、意図的にPowerを抑えている感すらある。

3つ目のポイントは「最大トルク」

Monster696が7,500rpmで7.0kg-mのトルクを絞り出すのに対し、
Monster1100は、なんと6,000rpmで10.5kg-mものトルクを発揮するのである。
低中速域からトルクフルな走りを見せるMonster1100は、
低速域を多用する街中でも非常に扱いやすい。
ワインディングに車両を持ち込んでも、
軽量Bodyと豊かなトルクを活かし、Supersportsを追いかけ回すことさえも可能だ。

「最大Powerよりも、最大トルク」
これが、Monster1100のキーワードだ。 

ちなみに、Monster696の湿式に対し、Monster1100は乾式クラッチを採用しているが、
湿式のように扱いやすく、かつ乾式の利点であるクラッチのダイレクト感があり素晴らしい出来である。
また、クラッチカバーを開放型のカーボン製やアルミ製のものに、
クラッチプレッシャープレートを赤や金、青など色とりどりのものに交換するという
お洒落なカスタムを施せるのも乾式クラッチを搭載するMonster1100の魅力でもある。

Monster1100は、
フロントにShowa製、リアにSachs製のサスペンションのStandardモデル(140万円)と、
前後にOHLINS製サスペンションが奢られた「S」(165万円)のラインナップ。
Monster1100SのOHLINSは非常にしなやかで、
Standardよりも、やはり1クラス上の足回りと言える。

予算が許すのなら、Monster1100Sの方をオススメしたい。

予算的に新車のMonster1100Sの購入には届かない場合、
中古のMonster1100S(中古相場:135~140万円)と新車の1100(140万円)で悩むところだが、
新車の場合、「2年間走行距離無制限&ロードサービス」のメーカー保証がつき、
4月末までは、「10万円クーポン券」プレゼントキャンペーンを実施していることもあり、
新車のMonster1100をオススメしたい。

「10万円クーポン券」を活用し、
Termignoniカーボンスリップオンサイレンサー[181,996円(専用ECU付属)]
を装着するカスタムなどいかがだろうか?

空冷エンジンを搭載するMonster。
特に、Monster1100のL型ツインエンジンならではの鼓動感は素晴らしいものがある。
上記マフラーに換装することにより、
より低音が強調されたドロドロとしたエキゾーストサウンドは、惚れ惚れするほどの音なのだ。

「春のクリアランスセール」は、「在庫限り」となっている。
在庫などの詳細については、気軽に当店までお問い合わせくださると幸いです。
http://banner.co.jp/

■Monster1100S(Red)[1,650,000円]
Monster-1100S_red_2009.jpg

 

■Monster1100(Red/Silver) [1,400,000円] 
f0004270_19184332.jpg  
ducati-monster1100_solver.jpg